アイピーパレード(βテスト中)
採れたての特許事務所求人(約650事務所 約2,000ページ)
特許事務所にできるだけ多くの選択肢を(約800事務所 約30,000ページ)
新着特許事務所求人 日本全国 東京都 神奈川県 埼玉県 愛知県 大阪府 兵庫県 京都府 福岡県 特許事務所の年収 弁理士の年収

  2024年07月12日検索データ更新

東京都 の検索結果

このページでは 全 10,000 件中 10 件を表示しています。(1 ページ目)

Legal Updates Archive - NAKAMURA & PARTNERS

http://www.nakapat.gr.jp/ja/legal_updates_jp/

  • 東京都
  • 千代田区

0日前 —

  • +令和5年(ネ)10026【シュープレス用ベルト】<宮坂> (原審・大地平成29年(ワ)4178)
  • +令和5年(ネ)10026【シュープレス用ベルト】<宮坂> (原審・大地平成29年(ワ)4178) 控訴人は、排水溝の『全長にわたって』Raが2.0μm以下は非現実的と主張するが、特許請求の範囲には、一部は2.0μmを超え [&hellip;]
  • +2024年07月12日
  • +大阪地判平成15年(ワ)10959【Al系スパッタリング用ターゲット材】<山田>
  • +大阪地判平成15年(ワ)10959【Al系スパッタリング用ターゲット材】<山田> あるターゲット材が数値限定を充足するか否かを判断するために、均一であるならば、対象製品の一部の組織、一部の物、端材を観察すれば充足立証OK [&hellip;]
  • +2024年07月12日
  • +令和4年(行ケ)10110【鋼管矢板式係船岸】<宮坂> *数式の容易想到性を問題とした
  • +令和4年(行ケ)10110【鋼管矢板式係船岸】<宮坂> *数式の容易想到性を問題とした ⇒進歩性〇 「甲1…ρの式に係る構成…が理論的にあり得ることを示すにとどまる…ρの式を導出…が容易…と認められない…、数値限定発明で [&hellip;]
  • +2024年07月12日
  • +【米国/商標】最高裁判所No.12-761 POM v. COCA-COLA2014年6月12日
  • +【米国/商標】最高裁判所No.12-761 POM v. COCA-COLA(2014年6月12日) ランハム法に基づく虚偽広告の訴えはFDCA(連邦食品・医薬品・化粧品法)、FDA(米国食品医薬局法)によって阻まれない [&hellip;]
  • +令和5年(行ケ)10054【保護部材】<東海林> 公然実施発明の前提と異なる⇒進歩性
  • +令和5年(行ケ)10054【保護部材】<東海林> 公然実施発明(甲8)の『前提』と異なって、「保護部材にグリップ部を設けることは全く想定されていない」 ⇒進歩性〇 +公然実施品製造メーカの社長陳述書も、パンフレットから理 [&hellip;]
  • +令和5年(行ケ)10046【角栓除去用液状クレンジング剤】<宮坂>
  • +令和5年(行ケ)10046【角栓除去用液状クレンジング剤】<宮坂> *進歩性判断において、除くクレームと、積極的な数値限定を同視した。 Cf.令和4年(行ケ)10125・新規事項追加 *「0~10体積%であるものを除く」 [&hellip;]
  • -2024年07月08日
  • -2024年07月05日
  • -2024年07月05日
  • -令和5年(行ケ)10020【鋼管杭式桟橋】<本多>
  • -令和5年(行ケ)10020【鋼管杭式桟橋】<本多> *明細書中には特定の条件の実施例のみが記載されていたが、本件発明の解決課題から、「当業者は…他の条件を加味した上で、適宜上記技術的思想を取り入れ、本件各発明の課題を解決 [&hellip;]
  • -『ドクターマーチンの黄色のスティッチ』【商標】R5行ケ10003【不競法】R5ネ10048
  • -『ドクターマーチンの黄色のスティッチ』 【商標】令和5年(行ケ)10003<本多> ⇒敗訴 位置商標は、識別性× スティッチ以外が黒色しか証拠なく、3条2項も× 【不競法】令和5年(ネ)10048<宮坂> ⇒勝訴 不競法 [&hellip;]
  • -
  • +2024年07月05日
  • +
  • -【特許】4つの数値限定の上限及び下限を其々個別に発明の課題を解決しないと、8つの項目を立ててバラバラに判断して、サポート要件を否定した事案
  • -−知財高判令和4年(行ケ)10081【ゴルフクラブ用シャフト】事件<本多裁判長>− 判決本文 【本判決の要旨、若干の考察】 1.特許請求の範囲(訂正後の請求項1) 複数の炭素繊維強化樹脂層で [&hellip;]
  • -2024年06月28日
  • -【論稿】職務発明規定に基づき相当の利益を与える際の「不合理性の判断」について(藤田達郎、知財管理Vol.74 No.1 2024)
  • -【論稿】職務発明規定に基づき相当の利益を与える際の「不合理性の判断」について(藤田達郎、知財管理Vol.74 No.1 2024) 平成25年(ワ)6158は、「協議の状況」「開示の状況」「意見聴取」の不備 [&hellip;]
  • -論稿】[インド]特許付与前の補正に関する前向きな判決(山口晶子、知財管理2024)
  • -【論稿】[インド]特許付与前の補正に関する前向きな判決(山口晶子、知財管理Vol.74 No.1 2024) NIPPON事件<デリー高裁> PBPを方法に変更する補正が,「補正前の明細書のクレームの範囲内」とされた。 [&hellip;]
  • +東京地判平成25年(ワ)21383必須宣言特許権利行使、権利濫用、虚偽事実告知
  • +東京地判平成25年(ワ)21383<嶋末> 必須宣言特許で相手方顧客に対し「差止請求権を有する」旨の告知 相手方とライセンス条件で長期間隔絶していたが、ライセンスを受ける意思は否定されず、差止請 [&hellip;]
  • +特許】特許権の共有と単独での(非独占)実施許諾(各国比較)
  • +【特許】特許権の共有と単独での(非独占)実施許諾(各国比較) <日本> 自由に実施許諾× <ドイツ> 過半数の同意があればOK <米国> 自由に実施許諾〇 条文なし。 共有者間で別段の合意があれば単独で実施許諾不可。 < [&hellip;]
  • -2024年06月21日
  • -2024年06月18日
  • -米国】JOE v. AT&T (CAFC, 2023.4.5)
  • -【米国】JOE v. AT&T (CAFC, 2023.4.5) “a microprocessor”は1つ又は複数 ⇒”said microprocessor”は [&hellip;]
  • +書籍】「戦略コンサルが知らない 最強の知財経営」(林力一、渋谷高弘)『攻めのオープンな知財戦略
  • +【書籍】「戦略コンサルが知らない 最強の知財経営」(林力一、渋谷高弘) 『攻めのオープンな知財戦略』 ①強者(技術力高)が系列外と提携、エコシステム構築 ②弱者(コスト競争力高)がクロスライセンスで事業自由化 高度経済成 [&hellip;]
  • +2024年06月14日
  • +
  • -【契約】令和2年(ネ)10016<高部>
  • -【契約】令和2年(ネ)10016<高部> ABCD4者の共同出願契約~「事前の協議・許可なく,本件の各権利を新たに取得し,又は生産・販売行為を行った場合,本件の各権利は剥奪される。」 ⇒Aが勝手に販売した~Aは持分権を喪 [&hellip;]
  • +令和3年(ネ)10086【ランプ】<本多>≒原審・大阪地判平成29年(ワ)1390 先使用権成立
  • +令和3年(ネ)10086【ランプ】<本多>≒原審・大阪地判平成29年(ワ)1390 ⇒先使用製品のバラツキを認定した上で、調整可能範囲を先使用権の範囲として認定した。 *出願日前の実施品が特許 [&hellip;]
  • +【米国特許】Dyfan v. Target (CAFC 2022.03)ソフトウェア特許のMPF
  • +【米国特許】Dyfan v. Target (CAFC 2022.03) meansという文言が無い場合の、ソフトウェア特許におけるMeans-Plus-Functionクレーム ⇒「code/application 」 [&hellip;]
  • -令和5年(行ケ)10009【古紙処理装置】<清水響>
  • -令和5年(行ケ)10009【古紙処理装置】<清水響> 本件発明と引用発明とが同一の目的であることを、設計的事項の理由とした。 (他の相違点は、主副引用発明が同一の目的であることを理由に組み合わせにより容易想到と判断した。 [&hellip;]
  • -東京地判平成30年(ワ)28931【レーザ加工装置】<柴田>⇒102条2項適用なし、1項適用あり
  • -東京地判平成30年(ワ)28931【レーザ加工装置】<柴田> *被疑侵害者が、原告製品(SD装置)の一部に相当する製品(SDエンジン)を製造販売していた。 ⇒102条2項適用なし ⇒102条1項適用あり 必ず1項も選択 [&hellip;]
  • -2024年05月17日
  • -
  • +【不競法2条1項3号】令和3年(ワ)25324<柴田>⇒形態が実質的に同一。形態模倣を認めた!!
  • +【不競法2条1項3号】令和3年(ワ)25324<柴田> ⇒形態が実質的に同一であるとして、形態模倣を認めた!! 原告商品17800~19800円 被告商品1980~3980円 形状は、ほぼ同一。 背面のファスナー及びホッ [&hellip;]
  • +【特許】『新規事項追加』 について、裁判例を網羅的に説明しました。
  • +【特許】『新規事項追加』 新規事項追加について、裁判例を網羅的に説明しました。 2024年4月10日「知財LAB」のミニレクチャーを編集したものです。 プレゼン資料は、概要欄のリンクから取得して下さい。 https:// [&hellip;]
  • -2024年04月26日
  • -【審判実務者研究会2023】(電気)ソフトウェア関連発明の進歩性
  • -【審判実務者研究会2023】事例4(電気) 「ソフトウェア関連発明の進歩性、特に情報や情報処理の機能的に表現された特徴に着目して」 ソフトウェア分野では、警告状送付事案が多く、抽象的なクレームによる警告でもデューデリジェ [&hellip;]
  • -2024年04月05日
  • +【論稿】商品形態と機能性(2023、宮脇正晴教授)
  • +【論稿】商品形態と機能性(2023、宮脇正晴教授) <米国>機能上有利な点がないのにあえて特定の形態にしたことは、機能性を否定する有力な事情として考慮される。 特許がある場合は、原告形態と非類似で充足する選択肢が確保され [&hellip;]
  • +【審判実務者研究会2023】(化学2)「サポート要件」「用途発明の新規性」
  • +【審判実務者研究会2023】事例3(化学2)「サポート要件」 数値限定発明についても、サポート要件の基本的な考え方は数値減発明以外の発明と同じであり(偏光フィルム)大合議の判断基準が適用されることについては、参加者に異議 [&hellip;]
  • +東京地判平成28年(ワ)37954【デジタル格納部を備えた電子番組ガイド】<沖中>
  • +東京地判平成28年(ワ)37954【デジタル格納部を備えた電子番組ガイド】<沖中> 文言解釈で禁反言! =東京地判平成24年(ワ)16103<長谷川> 出願人が、進歩性を主張するために、引用文献と異なり「番組データが格納 [&hellip;]
...

シティユーワ法律事務所

https://www.city-yuwa.com/newsletter/index.html

  • 東京都
  • 千代田区

0日前 —

  • -業務分野:クロスボーダー契約 海外進出・国内投資支援 通商法 中国法務
  • -業務分野:人事・労務相談一般 ドイツ法務
  • -「The 16th Annual STEP International Tax and Estate Planning Forum 2024」
  • -「最新動向を踏まえた電気事業のリスクと勘所 ~当局出向弁護士が語る変化し続ける電力市場と適切な規制対応~」
  • -EU AI Actの概要 (Vol.40)
  • -業務分野:人事・労務相談一般 海外進出・国内投資支援
  • +「三特定」のアドホック仲裁及び「国外仲裁業務機構」による仲裁に関わる司法事件の集中管轄に関する規定
  • +発布日・施行日:2024年6月22日発布、同年10月1日施行
  • +発布日・施行日:2024年6月28日採択、2025年5月1日施行
  • +2024年7月23日(火)14:00-15:00
  • +「„Job-Type Employment in Japan: Überblick und rechtliche Aspekte(日本における「ジョブ型雇用」の概要と法的側面)」
  • -務分野:一般企業法務 ベンチャー法務 行政規制法 データプライバシー保護 ライセンス・技術導入契約 ライフサイエンス・製薬 ヘルスケア
  • -『財産別 共有物管理の法律実務
  • -業務分野:一般企業法務 コーポレートガバナンス・株主総会 一般民事事件 商事訴訟・会社関連紛争解決 債権回収・強制執行 危機管理 コンプライアンス・内部統制 通報・苦情対応
  • -荷主・運送事業者間の価格転嫁コンプライアンスの激変と交渉のポイント (Vol.39)
  • +『Q&Aでわかる種別法務 医薬品編
  • +業務分野:バンキングその他金融取引一般 不動産取引全般 債権回収・強制執行
  • +『反社会的勢力対策の法律相談』
  • +業務分野:フィンテック TMT/テクノロジー・メディア・通信 暗号資産・NFT
  • -「The 16th Annual STEP International Tax and Estate Planning Forum 2024」
  • -第88回CY法務セミナー(ウェビナー)「不正競争防止法に関する実務対応~営業秘密の管理及び保護~」
  • -マンホール構造用止水可とう継手事件(判例時報2014号127頁)
  • -『中華人民共和国国際刑事司法共助法』の実施における若干の問題に関する規定(試行)
  • -ポリフェニレンサルファイド
  • -弁護士等紹介
  • -現在187名の弁護士、外国弁護士5名、司法書士2名、および、パラリーガル、秘書その他スタッフ約180名の補助者を擁しています。多様な視点で法律業務に取り組んでいます。
  • -弁護士等紹介TOPへ
  • +業務分野:一般企業法務 行政規制法 コンプライアンス・内部統制 中国法務 韓国法務 ベトナム法務 アジア法務
  • +2024年2月14日(木)16:00-17:00
  • +味の素 v 中外製薬—遺伝子組換え形質転換CHO細胞の浮遊培養事件
  • +『中華人民共和国会社法』適用の時間的効力に関する若干の規定
  • +立件日:2019年7月29日立件
  • +業務分野
  • +多国籍企業、上場会社、投資ファンド、その他国内外の中小規模の企業のお客様から個人のお客様までの幅広い皆様への法律業務のサポートを実施しています。
  • +業務分野TOPへ
...

内部統制システム・コンプライアンス|業務案内|鳥飼総合法律事務所

http://www.torikai.gr.jp/compliance

  • 東京都
  • 千代田区

0日前 —

  • -2024.07.03
  • +2024.07.11
  • -三菱UFJ行政処分
  • -三菱UFJは金商法違反で行政処分を受けることになろう。トヨタに続いて日本のトップオブトップ企業の不
  • +アクティビストによる株主提案
  • +株主総会のピークも過ぎて、日経にはアクティビストからの株主提案と会社提案の星取表が掲載されている(
...

AZX – ベンチャー企業等に対し法務、特許、税務会計のサービスをワンストップで提供

https://www.azx.co.jp/

  • 東京都
  • 千代田区

0日前 —

  • -Wada, Takashi
  • -Ishida, Gaku
  • -Tachibana, Kazuyuki
  • -Hozumi, Jun
  • -Yanagisawa, Yuho
  • +Kaihara, Ryota
  • +Takahashi, Tomohiro
  • +Tsukada, Yoshihiko
  • +Yamamoto, Satoshi
  • +Ozawa, Yusuke
  • -Kikkawa, Yasuhiro
  • -Katsumata,Hiroki
  • -
  • +Amemiya, Miki
  • +AZXでは各々が高い専門性を持ち、法務、税務、会計、労務、特許などの幅広い分野をカバーしています。夢と情熱を持ったすべての人へプロフェッショナルなサービスを提供いたします。
  • +
...

鳥飼総合法律事務所

http://www.torikai.gr.jp/author/tlo

  • 東京都
  • 千代田区

0日前 —

  • -旅館で働くアジア人
  • -観光業は未曾有の人手不足のようだ(7月9日日経参照)。そのせいか地方観光地の旅館やホテルに泊まると
  • +ダイドー株主提案取締役辞任
  • +ダイドーリミテッドの6月の株主総会において、アクティビスト提案で選任された取締役のうち一人が、2週
...

鳥飼総合法律事務所

http://www.torikai.gr.jp/sitemap

  • 東京都
  • 千代田区

0日前 —

  • -旅館で働くアジア人
  • -観光業は未曾有の人手不足のようだ(7月9日日経参照)。そのせいか地方観光地の旅館やホテルに泊まると
  • +ダイドー株主提案取締役辞任
  • +ダイドーリミテッドの6月の株主総会において、アクティビスト提案で選任された取締役のうち一人が、2週
...

先輩アソシエイト・若手パートナーの声 | シティユーワ法律事務所

https://www.city-yuwa.com/recruit/rc_lawyer/as_voice/index.html

  • 東京都
  • 千代田区

0日前 —

  • -(71期 2019年入所)
  • -(73期 2021年入所)
  • +(70期 2018年入所)
  • +(72期 2020年入所)
  • +(74期 2022年入所)
...

シティユーワ法律事務所

https://www.city-yuwa.com/sitemap.html

  • 東京都
  • 千代田区

0日前 —

  • -業務分野:クロスボーダー契約 海外進出・国内投資支援 通商法 中国法務
  • -業務分野:人事・労務相談一般 ドイツ法務
  • -「The 16th Annual STEP International Tax and Estate Planning Forum 2024」
  • -「最新動向を踏まえた電気事業のリスクと勘所 ~当局出向弁護士が語る変化し続ける電力市場と適切な規制対応~」
  • -EU AI Actの概要 (Vol.40)
  • -業務分野:人事・労務相談一般 海外進出・国内投資支援
  • +「三特定」のアドホック仲裁及び「国外仲裁業務機構」による仲裁に関わる司法事件の集中管轄に関する規定
  • +発布日・施行日:2024年6月22日発布、同年10月1日施行
  • +発布日・施行日:2024年6月28日採択、2025年5月1日施行
  • +2024年7月23日(火)14:00-15:00
  • +「„Job-Type Employment in Japan: Überblick und rechtliche Aspekte(日本における「ジョブ型雇用」の概要と法的側面)」
  • -務分野:一般企業法務 ベンチャー法務 行政規制法 データプライバシー保護 ライセンス・技術導入契約 ライフサイエンス・製薬 ヘルスケア
  • -『財産別 共有物管理の法律実務
  • -業務分野:一般企業法務 コーポレートガバナンス・株主総会 一般民事事件 商事訴訟・会社関連紛争解決 債権回収・強制執行 危機管理 コンプライアンス・内部統制 通報・苦情対応
  • -荷主・運送事業者間の価格転嫁コンプライアンスの激変と交渉のポイント (Vol.39)
  • +『Q&Aでわかる種別法務 医薬品編
  • +業務分野:バンキングその他金融取引一般 不動産取引全般 債権回収・強制執行
  • +『反社会的勢力対策の法律相談』
  • +業務分野:フィンテック TMT/テクノロジー・メディア・通信 暗号資産・NFT
  • -「The 16th Annual STEP International Tax and Estate Planning Forum 2024」
  • -第88回CY法務セミナー(ウェビナー)「不正競争防止法に関する実務対応~営業秘密の管理及び保護~」
  • -マンホール構造用止水可とう継手事件(判例時報2014号127頁)
  • -『中華人民共和国国際刑事司法共助法』の実施における若干の問題に関する規定(試行)
  • -ポリフェニレンサルファイド
  • -弁護士等紹介
  • -現在187名の弁護士、外国弁護士5名、司法書士2名、および、パラリーガル、秘書その他スタッフ約180名の補助者を擁しています。多様な視点で法律業務に取り組んでいます。
  • -弁護士等紹介TOPへ
  • +業務分野:一般企業法務 行政規制法 コンプライアンス・内部統制 中国法務 韓国法務 ベトナム法務 アジア法務
  • +2024年2月14日(木)16:00-17:00
  • +味の素 v 中外製薬—遺伝子組換え形質転換CHO細胞の浮遊培養事件
  • +『中華人民共和国会社法』適用の時間的効力に関する若干の規定
  • +立件日:2019年7月29日立件
  • +業務分野
  • +多国籍企業、上場会社、投資ファンド、その他国内外の中小規模の企業のお客様から個人のお客様までの幅広い皆様への法律業務のサポートを実施しています。
  • +業務分野TOPへ
...

知的財産法務 | 弁護士法人AK法律事務所

http://aklaw.jp/ipr/

  • 東京都
  • 千代田区

0日前 —

  • -企業法務・知的財産権ならおまかせください
  • +東京都千代田区神田錦町2−7−5 協販ビル7階
...

セクター | Our Services | TMI総合法律事務所

https://www.tmi.gr.jp/service/sector/?c=sec_healthcare

  • 東京都
  • 港区

0日前 —

  • -Chambers Global Practice Guides - Digital Healthcare 2023
  • +令和5年改正次世代医療基盤法の具体的な規律と実務への影響 仮名加工医療情報の新設、公的データベースとの連結、医療機関の協力促進
...